« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月の3件の記事

2014年6月10日 (火)

ミニベース EMB-500p on Youtube

SeilenのMobile Mini Bass 、アッシュボディにピックガードを付けた新作ですが、先日の伊藤広規さんのミニライブにお邪魔して無事に手渡すことが出来ました。

Twitter_icon

タイミング良くライブの1曲目が歯切れの良いスラップの曲だったので、急きょこのベースを使っての演奏となりました(^^)
iPhoneで撮った動画ですがぜひご覧ください。アッシュの抜けの良い音色が分かっていただけると思います!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 9日 (月)

ウクレレジャンボリー運営並びにカニカピラ(大阪)の営業に関するお知らせ

6月になって早速の梅雨入り。あちこちで雨が降った週末だったようですね。しばらくはちょっとジメジメした季節になっちゃいますが、こんな雨の日はおうちでウクレレでも弾いてのんびりまったり過ごしましょうねー(^^)

さて、5月からお申し込みを受け付けているウクレレジャンボリーの出演枠もどんどんと埋まって来ているようです。

「人前で演奏したことないから。。。」なんて迷っている方、この際だからみんなで一緒に楽しんじゃいましょう!
お申し込みはこちらからです。    →   ウクレレジャンボリー 2014

http://kanikapila.jp/ukulelejamboree2014/

今年第3回目を迎えるウクレレジャンボリーですが、お陰さまで年々参加者も増え関西だけではなく九州、四国や関東方面からもこのイベントを楽しみにして参加してくださるウクレレファンもいらっしゃって、本当に嬉しく思っています。

今年からはジャンボリーがより広く関西に根付いたイベントとなるよう、セイレン単体での運営を変更し「ウクレレジャンボリー事務局」としての運営になります。

・堺市ハーベストの丘様
・W.M.Studio あかね館様
・桃山社中様
・ウクレレショップ オハナ様
・島村楽器様
以上の皆様にご協力をいただいています。この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございます。
もちろんセイレンも協賛としてお手伝いさせていただき、運営の中心は今年も寺ちゃんとさぁさが張り切ってやらせていただきますよ!(^^)


そして、運営形態の変更に伴って もうひとつ皆さんにお知らせがあります。

一昨年の7月に寺ちゃんがオープンし、その後セイレンが応援するという形で続いて来たカニカピラですが、主な目的であるウクレレジャンボリーの運営の変化や、それに伴う経費節減の必要から6月末で店舗としての活動は止め、その後は事務と営業中心の活動に切り替えて行きます。

カニカピラ営業中の2年の間にご来店いただいたお客さま、演奏していただいたアーティストの皆さん、本当にありがとうございました。
カニカピラが少しでも皆さんの楽しかった記憶に残り続けてくれたら嬉しいなと思います。

時代とともに色んな変化はありますが、セイレンが音楽やウクレレ文化の発展を望む気持ちは全く変わりなく、これを機会にウクレレジャンボリーというイベントがより広く関西の皆様の応援のもとで大きなイベントに発展していくことを願っています。

ウクレレジャンボリーに関するお問い合わせは、下記連絡先までお願いします。

《お問い合わせ先》
ウクレレジャンボリー事務局
Tel : 070-6432-8011(寺田社用携帯)
Mail 1 : qqnk4fx9k@abeam.ocn.ne.jp(Kanikapila)
Mail 2: ukulele-jamboree@willcom.com(寺田社用携帯)
(定休日:毎週水・木曜日)

| コメント (0)

2014年6月 6日 (金)

Mobile Mini Bass ラインナップご紹介(ソリッド編)

先日のハンドクラフトギターフェスでもたくさんのお客様に興味を持って試奏していただいたSeilenのモバイルミニベース。
特に今回力を入れたのは、新しく完成したソリッドボディのエレキベースの方です。

名前は「EMB」。Electric Mobile Bass ですね。

会場の都合で大きなアンプからは音が出せなかったのですが、ヘッドフォンアンプでその低音を聞いた人はみんな「おっ!なにこれ!!すごい低音~!」という反応でした。

小さなボディからは想像できないような重低音。とにかく太い音なんです。

その秘密はセイレンオリジナル設計の弦。

通常の金属線ではなく、芯線に特殊なナイロン芯を採用しそこに金属の巻弦を重ねる事で短いスケールでも十分な低音を出す事に成功しています。

(専用弦ですが、少量のカスタム生産ですので価格は高めになってしまいますがセイレンからの販売となります。お問い合わせください。)

ではそのラインナップをご紹介しましょう。
基本的な仕様は決まっていますが、他のSeilen製品と同様、ボディ材やバインディングなどの有無はオーダーで変更可能ですので、お問い合わせくださいね。

Emb100_2_2

【EMB-100】 価格:130,000円(税別)

一番基本的な仕様。
メイプルネック、ローズウッド指板、マホガニーボディ。
ネックはカーボングラファイトの補強材を中に仕込んでいます。ピックアップはセイレンオリジナルで、コントロールは一般的なJazz Bassと同じ2V1Tとしました。

ペグとブリッジは後藤ガット製で、このペグはミニベースのために後藤ガットさんの協力で専用のものを製作。セイレンオリジナルのミニベースペグです。

マホガニー、もしくはアルダーボディが一番メインの製作になると思いますが、ここのところマホガニーの供給が少し不安定ですので、アルダーでの製作が多くなるかもしれません。

Emb100p_1

【EMB-100p】 価格:140,000円(税別)

上記のEMB-100のピックガード付き仕様です。
材質等は変更ありませんが、トップジャックになっています。

 

Emb200pf_1

【EMB-200pf】 価格:170,000円(税別)

ボディトップにカーリーコアをラミネートしたバージョン。カーリー無しの2Aコアの場合は15万円となります。

  

Emb500

【EMB-500】 150,000円(税別)

こちらはベーシストには定番のボディ材、ソリッドアッシュボディ。
画像のものは1枚板ですが、センター2Pになる場合もありますのでご了承ください。

音抜けが良く低音も豊かで、特にスラップなどを演奏する人にはお勧めです。アッシュ独特の乾いた音色が魅力ですね(^^)

Twitter_icon

小売店さんにも協力していただいて、エレキベース専門店などで試奏出来るように準備して行きますが当分はそれほど大量生産することも出来ません。
詳細はセイレン高橋 信治までお問い合わせください。

Minibass3

| コメント (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »