« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月の3件の記事

2014年5月28日 (水)

ハンドクラフトギターフェス終了!

10366248_10203163862794734_42430030

先週末の土日、錦糸町でのハンドクラフトギターフェス、無事に終了しました!

今回は去年にも増して沢山の来場者があり、会場もギターファン、ウクレレファンの熱気に包まれていました。

セイレンブースは会場の一番奥まった列。
銘木販売のFine woodさんや、名だたるウクレレビルダーさん達に囲まれてまるで「ウクレレストリート」なんて呼べそうな雰囲気の賑やかなブースの並びの一角。

フェア向けに用意したSeilenのローストメイプルのソプラノロングネックは、開場まもなくに売約済み。
気合を入れて作ってきたミニベースたちもとっても人気で、沢山の人に試奏して頂きました。

残念ながらブースにはヘッドフォンアンプしかご用意できなかったのですが、実際にヘッドフォンで音を聞いた人は全員が「えー、こんなに低音出るんですね!!」とびっくりしていました。
嬉しい反応でしたね〜(^^)

特に女性の方は、「これだったら今までの大きなベース持ち歩かなくて済むね」と頷いていらっしゃいました。お役に立てればうれしいな。

土曜日の午後にはベース界の大御所、伊藤広規さんもセイレンブースに遊びに来てくださって、新作のミニベースに興味津々。早速試奏をしていただきました。

「うわー、これ音が太いね!」と驚いたご様子!

僕が「広規さんに使ってもらいたいな」と思ってたアッシュボディの1台を試奏して、具体的に「(自分の弾き方に合わせたいから)ここのネックの高さをこうして、ピックガードを付けて。。。」と細かなリクエストをいただきました。

こういったリクエストって実はとってもうれしいんです。なぜって、「実際に道具として楽器として使おうと思ってるから出てくるリクエスト」ですものね。(^^)
ベースは一旦松本に持ち帰ってメンテナンスしてから広規さんのもとへお届けします。

ハンドクラフトギターフェスにご来場いただいた皆さん、ありがとうございました。ハンクラ終わって、また夏に向けてせっせとウクレレ作りますよー!!


| コメント (0)

2014年5月23日 (金)

ハンドクラフトギターフェス いよいよ明日開催!

年に一度の楽器製作家の展示会、ハンドクラフトギターフェスがいよいよ明日明後日の5月24、25日に錦糸町で開催されます。
ゴールデンウイークも返上して製作に励んだ楽器がいよいよ発表です!

今回のセイレンブースでは、昨年のフェスで初めて発表したミニベースと新作ウクレレを中心に展示をします。
T's Ukuleleブランドは相変わらずご注文が多く、完成した楽器がほぼ完売状態のために、展示できる商品がほとんどない状態です。

今回の展示予定の楽器を紹介しますね(^^)



まずは、ローストカーリーメイプルのソプラノロングネック。
Seilenでは初めてのソプラノロングですが、この木材はちょっと特殊な材料で、含水率を下げるための乾燥工程で意図的に温度を180度まで上げて木の組成を変化させています。そのために非常にカラッとした軽い材質になり繊維も硬くなります。音色もそれに伴って抜けの良いクリアな鳴りになっています。
特にこのメイプルはカーリーも素晴らしく、手にとってみると3Dのように杢が動いて見えるほどです。
価格は税別で14万円です。



こちらはお客様のオーダー品ですが、5Aハワイアンコアのソプラノ。
深い杢とアバロンのパーフリングがキラキラしてとっても美しいウクレレに仕上がりました。カーリーが深い分、音色にも深みが出ています。




こちらは昨年のフェスで発表したアコースティックミニベースのシンプルなマホガニーバージョン。
バインディングなどの余分な飾りを無くし、マホガニーの柔らかな響きがウッディなトーンを生み出しています。
ピックアップにはL.R.BagsのFIVE-Oを採用、ペグは後藤ガットに特注したSeilenミニベース専用の糸巻きです。ネック内部にはカーボングラファイトの補強材が入ってネックのねじれや反りを防止しています。
エレキミニベースの登場に合わせて品番が「AMB(アコースティックミニベース)」に変更になりました。
価格は205,000円(税別)




そしてこの1年間とってもお問い合わせの多かったエレキバージョンのミニベース、EMB。
元々はマグネットピックアップでは音が拾えない仕様だったベースウクレレの弦を、メーカーの協力の元でマグネットピックアップ対応のSeilenオリジナル弦を開発しそれを使用したミニエレキベースを生み出しました。

価格は、マホガニー、もしくはアルダーボディの基本スペックが13万円からとなっています。別売りで専用のギグバッグもご用意しました。

それでは明日明後日、ぜひ錦糸町にいらしてSeilenの楽器達の音色を確かめてくださいね。
もちろん展示即売有りで、クレジットカードも使えますよ(^^)

お待ちしています!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月11日 (日)

ミニベース【Mobile mini bass】 製作中!

昨年のハンドクラフトギターフェスでお披露目し、その後「開発中」のままになっていたエレキ仕様のミニベース、やっと仕様も確定して現在製作中です。

この1年の間に数多くのお問い合わせを頂き、注目度の高さに自分自身も驚いていたりするのですが、お客様やプレイヤーの方々のご意見も取り入れて研究してきました。

当初はアンダーサドルのピエゾピックアップだった仕様を、マグネットピックアップに変更し、位置も何度か変更しました。ピックアップの変更にあたって、弦を最初から設計し直す必要があり、弦メーカーの協力の下で最適な材質とゲージを試行錯誤しました。

コントロールに関しては、多くのプレイヤーが使い慣れているであろうJazz Bassと共通にし、2ボリューム1トーンを採用しました。

ネックは当初のフラットなヘッドに変えて、アングル付きのスカーフヘッドとなっています。

また、ピックガード有りのモデルとピックガードレスのモデルもご用意できる予定です。

たくさんのお問い合わせをいただいている価格に関してですが、一番シンプルなマホガニー、もしくはアルダーボディのモデルが13万円(税別)前後を予定しています。
また、専用のギグバッグ(別売り)もご用意致します。

それでは完成までもうしばらくお待ちください!24日のハンドクラフトギターフェスには間に合わせて展示販売致します。

すでに製作中の楽器にもご注文やお問い合わせをいただいています。ありがとうございます!フレットレスも1台作ってますよー(^^)



« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »