« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月の11件の記事

2012年1月28日 (土)

力木(ブレーシング)の素材のことなど

Img_8972

ウクレレのボディ内部には、表甲や裏板の内側に接着して、板を補強するための「力木(ちからぎ)」という部品があります。

ブレーシングとも呼ばれますね。 この画像の板は、その力木を作るための材料です。

左側がレッドシダー。右に写っている白っぽいのがシトカスプルースです。

軽くて柔らかい夏目と、硬く緻密な冬目の組織を交互に持つ針葉樹(松や杉)の、「軽くて丈夫」な特性が「楽器の微細な振動を極力邪魔せずに、補強をする」といった目的に向いているので良く使われます。

力木には「補強」、といった目的と同時に、ブリッジの振動を効率良くボディ各部に伝え、音質をコントロールする、といった役割もあります。

でもその「軽くて丈夫」を実現するのには、「完全な柾目で真っ直ぐに木目が通っている」ことがとても重要です。

この画像を見ると、板の平面に対して垂直に木目が立ち、長さ方向にも真っ直ぐになっているのが分かると思います。

実際にこういった板材になるように木を挽き割るのはとても手間がかかり、しかも使えない部分もかなり出てしまう、贅沢な木取りなんです。

楽器は本当に慎重に大切に選び抜かれた、貴重な材料で作られているんですね。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月27日 (金)

BAL-220spf/LTD

Img_8978

ベビーサイズのロングネック、BALシリーズで1本だけちょっとゴージャスなのを作ってみました。

5Aグレードのカーリーコアにべっ甲柄のバインディングです。

ネックも指板も、ブリッジもハワイアンコアで出来てるから、小さなボディなのにキレイに通るハリのある音色が心地良いですねー。

販売用にしようか、自分で使おうかちょっと迷っていたりします。happy01

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月26日 (木)

プリアンプ RA-Jr をウクレレにつけてみました!

Img_8929

テナーウクレレに「Crews」のプリアンプ、RA-Jr(18,900円)を取り付けました。

このプリアンプは、入力が2系統あって、一つは付属のコンデンサーマイク、もう一つは任意の外付けピックアップを取り付けて、その二つのバランスをコントロールすることが出来るのが特徴です。

今回は、アンダーサドルのピックアップ、FishmanのAG-Ukulele(17,325円)と組み合わせてみました。

Img_8936

サウンドホールの中に見えるのは、付属のコンデンサーマイク。

出力はそれほど大きくは無いものの、このマイクの音をミックスすることによってアコースティック楽器ならではの「空気感/エアー感」といった「ふんわり」とした雰囲気を作ることが出来ます。

このマイクの出力を上げ過ぎると、楽器の構造上ハウリングが起きやすくなるので少な目に混ぜるのがコツだと思います。

Img_8938

ボディの肩の部分には、2段になったボリュームノブが付きます。

ボディに近い方がバランサーになっていて、遠い(細い)方がマスターボリュームです。

「ウクレレにマイク付けたいけど、ピエゾの音はちょっと硬すぎて。。。」なんて人は試してみるといいですね (^^)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月21日 (土)

ウクレレファンの集い開催決定!! 2月18日 中目黒グランシップ@東京中目黒

   ウクレレナイト開催決定!

ハワイでのウクレレピクニックが終わってその翌週、2月18日(土曜日)、ウクレレ好きな人たちで集まって、ウクレレ弾いたり歌ったり、お酒飲んだりでワイワイ楽しみませんか?(^^)

今回は、1月いっぱいで黒澤楽器新大久保店での勤務を終えて退社される、松田睦さんをお誘いして、ウクレレ販売の裏話なんか聞きながら松田さんの御苦労を労いつつ楽しく過ごしたいと思います。

もちろん、「松田さんとは有ったことが無いかなー」、って人も全然大丈夫ですよ(^^) 一緒にウクレレ弾いて盛り上がりましょう!


【ティーズウクレレナイト!黒澤楽器松田さんを囲んで、ウクレレでワイワイやろう!】

内容:黒澤楽器で長年ウクレレ販売に携わった松田さんを労いつつ、みんなでウクレレ弾いたり飲んだり食べたり。賑やかに過ごすウクレレナイト!

■会場:中目黒グランシップ 03-3712-5536  http://www.granship.net/

■アクセス:   http://www.granship.net/access

■日時:2012年2月18日 19:00〜

■会費:¥3,500(フード5品+飲み放題3時間)

■設備:PA(ウクレレ、マイク、ipodなど可)、プロジェクター Wi-Fi環境、iPadなど

■予約:セイレン/たかはしまで メール 電話:0263-88-7490 

 

Img_8695

【ティーズウクレレと松田さんとの出会い】

オリジナルウクレレを作り始めた2000年当時、僕は全く知名度もないティーズウクレレの初期作品を持って上京したのですが、幾つかの楽器店を回って店頭に置いてもらいたいとお願いしてもほとんど 門前払い。

その中で黒澤楽器の松田さんだけが販売を約束してくれました。ずっと2人3脚でやってきただけに居なくなっちゃうのはほんとに寂しい気持ちです。

その頃、2000年当時は「ウクレレと言えばカマカでしょ」というのが当たり前で、今のように国産ウクレレの盛り上がりも余り無かったんです。
失礼を顧みず言えばあのウラレ レでさえも松田さん無くしては現在のような人気は無かったんじゃないかと思います。国産ウクレレの台頭を支えたのは間違いなく松田さんなのです。

「ビジネスモデル」「B2B」なんて言うと、商取引は企業対企業の結びつきみたいに思えるけど、実際の商売はやはり「人と人との出会い」ですよね。

そういった意味で、松田さ んと出会えて、今まで10年以上一緒にやって来れたことにすごく感謝したいです。

全力で「国産ウクレレ」を推して育ててくれた松田さん、ありがとうございました!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月19日 (木)

アマチュアウクレレビルダーコンテスト 開催間近!

20120113103956_2 20120113103956_000

2012年2月10日~12日、東京杉並区西荻にて、アマチュアウクレレビルダーコンテストが開催されます。

         通称、「ウクレレ総選挙」

昨年、「真冬のウクレレ展」として開催されたものが新たに名称を変更して開かれるんですね。(^^)

個性的で自由な発想を持ったアマチュアウクレレビルダーの方々が、おもい思いの自作楽器を持ち寄って展示します。

去年のウクレレ展でも素晴らしい楽器が並んでいましたよね。今年もどんなウクレレが登場するのかとっても楽しみです!

ぜひ会場に遊びに行って、総選挙に投票してくださいね!

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月18日 (水)

ティーズウクレレ初のESF-101!

1326864333022.jpg

今まで、EC-101のFホール付き「ECF-101」は有ったのですが、ソプラノサイズのものはまだ作った事が無かったですね、そう言えば。

で、今回お客様のオーダーが有ったのをきっかけに、2本だけ作ってみましたhappy01

上の画像、左がESF-101で、右側が通常のEC-101(コンサートサイズ)です。

重さ630g、長さ550ミリ、なかなかキュートなESF-101です!

今のところ専用ケースは無いのですが、EC用のケースに入れて持ち運ぶことは可能です。

価格ですが、材料費も手間もコンサートサイズとほとんど変わらないものですから、ECFと同じく税込み57,750円となっています。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

BAL-200LTD

1326855257042.jpg
ネック、指板、ブリッジまでオールコアのLTDシリーズの中でも1番の弟分、ベビーウクレレのロングネック(ソプラノスケール)です!

小さくても抜群の鳴りと、何処へでも持って行ける携帯性。
オススメです!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

オールハワイアンコア・コンサートウクレレ CS-200LTD

R91613021_3

CS-200LTD

たまたま3年ほど前に入手したハワイアンコアのネック材(ブログ参照)をもとに、2010年に「25周年記念限定モデル」として発売した【CS-200LTD】。

「ネックも指板も、ブリッジまでもオールコア!」というだけあって素晴らしく響きと音抜けの良い楽器で、あっという間に完売。
厚みのあるコア材が少ないために材が入手しにくい事も有って、ネック材の在庫終了と共に販売も終了となっていました。

ところが販売終了の後も、「もう一度製作して!」というリクエストが多く寄せられ、昨年前半になんとか材料を入手し、乾燥。

夏が過ぎたころからやっと再び生産を開始することが出来るようになり、CSの他にも、昨日のブログにアップしたようなベビーボディのオールコアも製作しています。

現在は、ハワイのウクレレメーカーでも「オールコア」のモデルはどこも作っていないと思います。
是非、楽器店さんの店頭で実際に弾いてその音色を確かめてみてください。

きっと、誰が弾いてもその音色の違いが、弾いた瞬間に分かります。

自信を持ってお勧め出来る楽器です。

R91613181_4

CS-220spf/LTD-DX

こちらはそのオールコアリミテッドシリーズの最高峰。

マスターグレードのカーリーコアをボディ、ヘッドトップ、指板に使い、ボディにはカーリーメイプルでウッドバインディングを施し、しかも深い青や緑に輝くアバロン貝をパーフリングに嵌め込みました。

音色も、よりいっそう深みが増し、驚くような素晴らしい音色です。

この1台は2月のウクレレピクニックに持参して、ハワイやその他の海外のウクレレファンにも見ていただきたいなと考えていますよ(^^)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月16日 (月)

ティーズウクレレ 新作紹介!

Simg_8155

EC-101のショップオーダー品。
マホガニーネック、ボディをスペシャルペイント!エルボーにもラインを入れました。

Simg_8697

こちらは新作の「ベビーサイズのボディにソプラノスケールネックをジョイント」という「BALシリーズ」
小さくてかわいいボディながらもプレイヤビリティはソプラノサイズと同等。
音量も張りもあるスペシャルガジェットです。
しかもこのBAL-220spf/LTDは、コアネック、コア指板を採用し、音抜けもピカイチです。
リーズナブルなBAL-200LTDもあります(^^)

Simg_8712

ギブソン社がエクスプローラーなどに採用した事で知られる幻の銘木、コリーナウッド。
1枚板のコリーナウッドを贅沢に使ったコンサートウクレレCSです。
軽いけど強度がある締まった材質なために、音質も非常にしっかりした芯が有って伸びやか。
ここんとこ10年以上のティーズウクレレの歴史の中でも、初の採用で、しかもたった1本の製作。
貴重な1本です。お見逃しなく!

                       お問い合わせは、こちらから

| コメント (0) | トラックバック (0)

tamamixさんのライブに行ってきました。

昨年11月末に初アルバム「u-ku-lu」を発売したばかりのウクレレ界の歌姫、tamamixさん。

彼女は、自分自身がYoutubeに投稿したビデオから人気に火がついてCDデビューという、「面白い」というか「現代的」と言っていいのかよく分からないけど、不思議な魅力を持ったアーティストです。

僕も以前からTwitterでよくお見かけしてツイキャス(TwitCasting)やYoutubeで、彼女の部屋からのまったりゆったりしたライブを楽しんでました。

深夜、PCから聞こえてくる、力の抜けた優しいささやくようなまぁるい歌声はほんとに心地よくて、演奏するたまちゃんも、聞いている僕もお酒が進むのでした(^^)

先週1月14日の夜は、東京下北沢の「スローコメディカフェ」さんでそんな彼女Tamamixさんのライブがあり、ちょうど出張で東京にいた僕も仕事を終わらせてから急いで会場へ向かったのでした。

出演アーティストは、
 ・tamamix with Sax:上野まことさん Bass:デジさん
 ・てんが(Sax:上野まことさん 、バンジョー大國涼太さん)
 ・りか  http://ameblo.jp/rika-ukulele/
 ・Sho&Ryuさん

たまちゃん以外のアーティストもすごく楽しくて、久しぶりに生演奏の音楽をたっぷり楽しみました。

Img_8735

サックスの上野さんめちゃカッコいいフレーズ吹きまくりだし、ベースのデジさんもすごかった。
ウクレレ弾き語りのりかさんの歌声も素敵でしたねー。

そして最後のSho&Ryuのお二人。
コーラスの歌声も柔らかく心地よく響いて、「久々にアコギ出して弾こうかな。歌いたいな。」なんて気持ちになりました。(^^)
思わずCD2枚買わせていただきました。

ライブでのMCを聞いていて印象に残ったのは、こうやって一緒にライブやっている人たちがTwitterYoutubeを介して知り合い、一緒に音楽活動をしているということ。

僕らの10代のころには無かったこういったコミュニケーションツールがこんなふうに音楽に役に立っているんだなぁと感じました。

たまちゃんもYoutubeから出てきたアーティストだし、これからは音楽やそれ以外の場面でもインターネットや色んなコミュニケーションツールを使って人が出会うんですね。ビジネスもやはりそうかな。楽しくなりそうですね(^^)

でもやはり音楽は心の栄養になりますよね。また色んなライブ見に行きたいなー! 

ライブにお誘いいただいたtamamixたまちゃん、ありがとうございました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月11日 (水)

今年もよろしくお願い致します!

 

      新年おめでとうございます!
 

と言っても、新しい年が始まってもう10日以上経つんですね。
なんとなく書き込みが遅くなってしまいましたが、皆さんはもうお正月気分もすっかり抜けてお仕事に頑張っていらっしゃる頃ですよね(^^)

 
セイレン、という新しい舞台に場所を移して新たなスタートを切ったのが昨年6月。

25年ぶり2回目とはいえ、新会社立ち上げのドタバタを再び経験しあわただしく走り回った2011年でした。

数えてみると、6月以降に出張で外に出ていた日数が30日以上。
まずは営業と考え、呼ばれればどこへでも行く覚悟で動いていました。

そのせいか、さすがに「疲れたな。。。」と感じた年末で、すこしだけ長めにお休みをいただきました。ご協力いただいた関係者の方々、ありがとうございました。

「すっかり肩こり解消!」というわけにはいきませんが、久しぶりにのんびりして気分もリフレッシュできました。

休暇の間に新しい出会いも有ったりして、有意義な旅行でした。
出会いからまた新しい楽器への展開なんてのもありそうです。お楽しみに(^^)

 

     2012年!

T's Ukulele、そして セイレン/高橋信治は、また1年間音楽と、楽器と、それを愛する人たちのために走り続けます!

今年はすごくでっかい、新しい目標があります。

それを現実にするためにもがんばります!

よろしくお願い致します!!

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »