« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月の14件の記事

2009年10月29日 (木)

ジャーマンメイプル

Pict2878s

この春に仕入れたジャーマンメイプルがやっと形になりました。

「メイプル」というのは皆さんご存知の通り日本では「カエデ」ですね。
メイプルにもいろんな種類があって、ハードメイプル、ソフトメイプルなんて呼ばれています。
エレキギターの世界なんかでネック材によく使うのは、圧倒的にアメリカ、カナダのメイプル。いわゆる「ハードメイプル」が多いです。
それに対して、ボディ材によく使うのは「ソフトメイプル」。少し柔らかくなって、カーリーやキルテッドの材も出回りますね。

Pict2884s

今回紹介するのは、それらアメリカ大陸のメイプルとはまた少し違う、「ジャーマンメイプル」です。
名前の通りドイツやその近隣で生育する木で、高級なバイオリンに使われる素材です。

Pict2885s

今年の春に手に入れたジャーマンメイプルを、刻んで乾かして、やっと形になりました。
ハードメイプルよりも少しだけ柔らかい感じで、きっちりと柾目に木取りしてもらったのですごくきれいです。
木に粘りと弾力がある感じで、深みのある響き方ですね。

聞くところによれば、ストラディバリウスなどの楽器に使われているのがこのジャーマンメイプルだそうです。
次回はこのジャーマンメイプルのカーリーがばっちり入ったのを使ってみたいですね。トップをジャーマンスプルースでそろえたらまさにヨーロピアン、な雰囲気でしょうか。

深みが有りつつも歯切れが良い、奥行きのある音色です。
楽器店さんで見かけたら是非チェックしてみてください。お勧めです。

T's Ukuleleでは、CS-300gmなどの品番になっていますよ。happy01

| コメント (4) | トラックバック (0)

おっと、いけない!!

4037078170_1d01e3ac02

おっと!!楽器フェア準備のどたばたで、危うく忘れるところでした。

Bosko & Honeyのウクレレサファリ、ビデオコンテストの投票締め切りは、

今夜、10月29日、日本時間の23:00です!

皆さん忘れずに投票しましょうね!!
明るい未来upはあなたの一票から!です。happy01

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月27日 (火)

楽器フェア間近!!

Rimg9404s さて、楽器フェアまで後1週間ちょっと!ちょっと緊張してきました。間に合うかなー。(^_^;)

まだ組み立て途中や、塗装中のものが色々あります。

続きを読む "楽器フェア間近!!"

| コメント (0) | トラックバック (0)

テレビ取材がありました!

今日は地元のテレビ局「NBS長野放送」さんが取材に来てくれました。

工房の中を説明したり、西尾アナウンサーの質問に答えたり、最後はへたっぴなウクレレ演奏までしてしまいました。(^_^;)

中部地区7県の放送局の共同企画で、各県の隠れた日本一を紹介する。という企画だそうです。
長野県はギター生産日本一なんですよ。知ってました?

長野県代表で、T's Guitarsとフジゲンさんを取り上げて紹介する番組になるそうです。フジゲン vs ティーズギターの対決か!
って、フジゲンさんは大企業ですから勝ち目はありませんが、面白い対比になりそう、かな?(^^)

放送日はまだ確定してないのですが、11月5日以降の夕方のニュース番組の中での紹介だそうです。う~ん、楽器フェアに行ってる間かなぁ。録画できないか。

中部7県って何処が入るのか分かりませんが、楽しみにしててくださいね。happy01

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月22日 (木)

ジャズギター・ブック

091022 シンコーミュージックさんから発売されている、
jazz guitar book Vol.23(ジャズギター・ブック Vol.23)

今回はなんとT's Guitarsの工房訪問記を記事にしていただきました。なかなかカッコいい記事でとってもうれしいです。

T's Guitars自慢のオリジナルエレキギター「Arc(アーク)」もばっちりフューチャーしていただきましたよ。

091021_2_2   是非本屋さんで手にとって読んでみてください。happy01

| コメント (0) | トラックバック (0)

Ibanezのウクレレ見つけた!

エレキギターを弾く人なら誰でも知ってる「Ibanez」ブランド。

僕が若者だったコロは「イバニーズ」と呼ばれていましたが、最近は英語風に「アイバニーズ」と呼ばれているみたいですねェ。(ゼマイティスもゼマティスになってたりして。)

で、そのIbanezのウクレレが販売されてるのを見つけちゃいました。
なかなかカッコよくて値段もお手ごろのようです。

と言っても、残念ながら日本では手に入らないようです。アメリカだけなのかな?

日本ではIbanezのギターはかなり硬派なイメージですから、ウクレレも展開しちゃうとイメージ変わっちゃうとか、って勝手な想像してみたり...。

でも機会があったら弾いて見たいですね。(^^)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月20日 (火)

T's Ukulele ステッカー出来ました!

Rimg9393

なかなかカワイイ&カッコいーステッカーが出来ました。

いいでしょー(^^)
(ぺティブーカのは違いますよ(^_^;)僕の個人的な趣味です。)

デザインは、Splice-Design(スプライスデザイン)さんに担当していただきました!Thanks!

| コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月17日 (土)

ダブルカッタウェイ!

Rimg9379s画像は製作中のダブルカッタウェイのテナー。

いよいよ量産バージョンとしてデビューの予定です。

お披露目は、11月5日からの楽器フェアにて!

今年のT'sのブースは、ウスレレあり、ダブルカッタウェイ有り、パーラーギター有りでにぎやかですよー。

乞うご期待!!

| コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月14日 (水)

UKULELE EXHIBITION

UGH(Ukulele Guild of Hawaii)のサイトで今年のウクレレエキシビションの詳細が発表されてますね。happy01

今年の会場はワイキキのど真ん中、Princess Kailulani Hotelです。便利なとこで良かったー。

実は、少し前に会場については連絡があって、その時はHonolulu Community Collegeという、どちらかと言うと空港に近いほう(コアロハのファクトリーの近く)の場所が開催予定地だったんです。
「うわー、行くの大変だな」と思っていたのですが、変更になってほっとしてます。

プリンセスカイウラニホテルはビュッフェスタイルのディナーがおいしくて、肉も魚も寿司もケーキも沢山の種類があっていいですよー。happy01good

開催の日程は、11月21日~22日です。

さっきYahoo! トラベルで見たら、その日程の3泊5日で59,800円!なんてツアーもありますね。安いな~。

ワイキキはサンクスギビング直前で、次の木曜日まで滞在すれば割安なショッピングも楽しめますねー。

今年はどんな展示会になるのかな?楽しみですね。(^^)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月13日 (火)

久々のギター(パーラースタイル)

いろんな楽器の試作が平行して進んでるティーズの工房内ですが、昨日完成したばかりの久しぶりのギターを紹介しますね。

Pict2939s アコースティックギターなんですけど、このギターは少し小さめのサイズ。いわゆるパーラーギターと言われる部類でしょうか。

スケールは22 3/4 inch。578ミリくらいですね。
楽器の全長が約88センチ。

僕はキャンプに行ってギター弾いたりする事も多いので、こんなサイズのギターが大好きなんです。 TaylorのBabyなんてのも同じサイズの楽器です。(1台持ってますhappy01

色んなメーカーから出てるパーラーギターですが、楽器メーカーにとっても「ミニギター」という扱いなのか、仕上がりは今ひとつ感が否めません。
楽器店に行ってあちこちのブランドのパーラーギターを試したんだけど、どれもみなチューニング(ピッチ)が合わない。「なんか気持ち悪いなぁ」と思いながら弾かなくちゃならないのが辛いところ...。

で、「よし!そんじゃ作るか!」といういつものノリで試作してみました。

昨日弦を張って試したところ、かなり気持ちよく弾けます。ピッチもばっちりで楽しいです。このまま僕のメインギターになりそうな感じ(笑)

力木や音色を確認した後で、本番(楽器フェア)用のギターを作る予定です。間に合うかな?

本番用はもちろんオールハワイアンコアボディです!きっとすごく良い雰囲気のギターになりますね。楽しみっ!
時間が有ればスプルーストップも作りたいところだけど...。ちょっと無理かな。

たぶん、ヘッドシェイプやロゴマークなど多少修正しながらの完成になると思いますが、まずは楽器フェアで発表して、その後11月後半か12月にはお店に並べられたらな、と考えています。

ギターファンの方、それから「ウクレレだいぶ弾けるようになって、ちょっとギターも興味あるなー」という方も楽しみにしていて下さいね!

予想価格は、テナーウクレレ2本分くらいかな...

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 9日 (金)

ウスレレ、完成直前!

Rimg9314s Rimg9316s

工房の隅にあった加工途中のECのボディと、たまたまその近くに置いてあったCSのトップが目に入って、「あれ?これ組み合わせたら面白いじゃん」と、割と軽いノリで作ってみたいわゆる「ウスレレ」。

まだ弦を張ってないのでどれだけの怨霊が出るのか、あ、音量だ。
音量が出るのかわからないんですけど、こういう楽器って出来上がるのがとっても楽しみ。(^^)

いっそこの感じでとってもコンパクトなソプラノサイズとか作っても面白いかなぁ。なんて考えていますよ。

| コメント (3) | トラックバック (0)

エレキウクレレEC、どんな環境でお使いですか?

昨年11月に発売以来、おかげ様でご好評をいただいているECシリーズですが、「アンプのことはよく分からないんだけど...。」とおっしゃるお客様も多いようです。

僕自身はチェック用にローランドのAC-60を使っているのですが、「もっと小さいアンプでいいんだけど」「ヘッドホンだけ鳴らせればいいんだけど」という方もいらっしゃるのでは?と思います。

「僕はこんな環境で楽しんでるよー」なんて情報、聞かせていただけません?(^^)

ウクレレ会議室でお待ちしています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 4日 (日)

ギター作りは難しい

Blb_2 と言っても、これはペーパークラフトのお話。紙を切って折ってのり付けして、レスポールが出来ちゃうんです。その名も「ペパクラ」

袋を開けたのはいいんだけど細かなパーツがいっぱいで、たじたじと言う感じです。
ペグのツマミや、なんとフレットまでも紙で1本1本接着してくんです。すごいですねー...。

うーん、作るのは楽器フェア終わってからにしようかなぁ…。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 2日 (金)

The Japan.

Pict2924sPict2922s 左の画像。とっても深みのある色ですよね。

素材はSD-200、ハワイアンコアです。

この試作品は、木曽の漆器職人に塗っていただきました。「摺り漆」とか「拭き漆」とか呼ばれる手法です。

厚く塗りこめるのではなく、漆を薄く塗っては余分な分を拭き取り、という工程を繰り返していきます。塗り重ねるほどに深みと艶が増していきます。

このウクレレは昨日塗りあがったばかりで、全く着色していないのにとっても深い色合いです。

職人さんによると、これから数ヶ月のうちに透明度が増して明るい色合いになっていくそうです。どんな風に変わっていくんだろう...。

この試作を経て、ティーズの定番の仕上げのひとつに出来ないかと検討中です。

皆さんも楽しみにしていてください。

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »