« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月の8件の記事

2009年2月19日 (木)

ハワイアンコアのネック材

昨日のこのBlogでハワイアンコアのネック材について書いたのですが、自作派の方から何件かお問い合わせをいただきました。
ありがとうございます。

昨日書いたのはうちのミニテナーのネックに関してでしたが、「もしコンサートサイズでもよろしければ」、ということで僕の秘蔵のですね、ちょっとしたレアアイテムをご紹介しましょうか。(^^)

続きを読む "ハワイアンコアのネック材"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

コアネックの音色

Rimg7120s最近はMade in Hawaiiのウクレレもほとんどのブランドがネック材にマホガニーを採用するようになってきました。

やはりコア材の入手しにくさと、それに伴うコストの問題でしょうか。

昔ながらのコアネック+コアボディの、純粋にオールコアのウクレレというのは今後どんどんと手に入らなくなっていくんでしょうね。

 

上の画像は、ティーズ製のミニテナー。 実はこのウクレレ、コアネックなんです

きれいな色でしょー (^^)  ねっ。

本場ハワイでさえコアネックのウクレレが無くなっていく現状を寂しく思い、コアネックのサウンドを再現しようと思って製作しました。

弾いていただければすぐに分かるのですが、やはり音が全然違います。

マホガニーの腰のある太め、粘りっこいサウンドに比べて、とっても涼しげで音が抜ける感じ。倍音の出方も違いますねー。

エレキギター(特にエレキベース)のような箱構造の無い楽器でも、「楽器はネックで鳴る」という感覚がすごくあります。
ウクレレでもそうなんですね。想像はしてたんだけど、「こんなに違うんだなー」って感じました。

是非このウクレレを手にとって弾いてみて下さい。

コアという木の持つ音色に素直に納得出来るはずです。(^^)

お問い合わせは東京渋谷、ハートマンギターズ、ハナダさん(03-6415-4169)まで。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

エレキウクレレ サウンドチェック!

大好評のティーズのエレキウクレレ、前回のブログで紹介したとおり、ソプラノ、コンサート、テナーの3サイズがとりあえず揃いました。

「どんな音がするのかな??」というお客様の声もたくさんいただいています。(^^) 
ありがとうございます。

「演奏」というようなものではないのですが、各機種で「音を出している」画像を作ってみました。参考になるようにうまく弾くことができなくて申し訳ないのですが、「こんな音なんだなー」と感じていただければうれしいです。各サイズの違いも確かめてくださいね!

エレクトリックソプラノ ES-100

エレクトリックコンサート EC-100

エレクトリックテナー ET-220pf

| コメント (1) | トラックバック (0)

2009年2月12日 (木)

「ニンテンドーDS」 DSギター

僕自身は全くゲーム機というものを持っていなくて良く分からないのですが、ニンテンドーのゲームってすごい普及率みたいですね。

任天堂の利益も半端じゃなくって、社員一人当たり年間10億円近い売り上げがあるそうです。いったい給料幾らなんだろ...。ってうらやましがっても仕方ないのですが...(^_^;)

さて。昨日ネットサーフィンでギター関係の事を調べてたんですけど、面白いもの見つけちゃいました。

     その名も  「DSギター」

ポータブルのゲーム機のソフトウェアなんですが、任天堂のDSを使ってギターの弾き語りが出来ちゃう。究極の持って歩けるミニギターってわけです。(アンプは付いてませんが)

ほんっとにコンピューターで何でも出来ちゃうんだなぁ、と感心しちゃいました。これのウクレレバージョン出来たら楽しいかもですね(^^)

演奏している画像はこちら。

Youtubeにもいくつか画像があるようです。

とか思ってYoutube見てたら、iPhoneのギターアプリでウクレレの音色が出るのもあるみたいですね。面白いなぁ。

| コメント (3) | トラックバック (0)

2009年2月10日 (火)

ソリッドテナー「ET」第1号完成!

Pict1905s Pict1900s お待たせしました!(^^)

エレクトリックテナーウクレレの1号機が完成しました!

画面左側がテナーサイズで、カーリーコアトップ/マホガニーバック。
バインディングもカーリーコア。
テナースケールで300Rの丸みを持ったアール指板という仕様です。

記念すべき第1号ということで豪華仕様になっています。

 

実はこのETは、ハワイ在住のウクレレプレイヤー"Kimo Hussey"のオーダーで製作したものなんです。

彼とは以前からハワイのUkulele Exhibitionで何回かお会いして、僕の作るウクレレをとっても気に入ってもらっていて。
それが今回のNAMM SHOWで偶然ばったり会い、ティーズのブースでEC-220を弾いてもらったらすごく気に入ってくれまして。(^^) 5分後にはオーダーをいただいていました。
うれしいですねー。

このウクレレは今週中にでもハワイに送って、Kimo Husseyの手元に届きます。気に入ってもらえるとうれしいな(^^)

引き続き量産バージョンのET-100,200も製作をスタートします。

初回製作は、まずは10台。マホガニーモデルとコアトップモデルを5台ずつになる予定。
ご希望の方はお早めにご予約を!お待ちしております。

(初回分10台、ご予約にて完売致しました。ありがとうございます!完成発送は3月10日頃を予定していますので、楽しみにお待ち下さい。 なお次回製作は1ヵ月後を予定しています。)  2月16日追記

 

それから参考までにお知らせ。

上の画像でテナーの横に可愛く並んでるのはソプラノサイズのソリッドウクレレ。

ボディがマーチンシェイプで、ジョイントはマニアックに12フレット。
ビンテージマーチンなどをお持ちの方の練習にもぴったり。しかも小柄で可愛くて、どこに行くにも持って歩きたくなっちゃうサイズです。

こちらはもう少しデザインが変わる可能性も有りますが、受注生産で販売を開始するようになるかもしれません。詳細はもうしばらくお待ち下さい。

| コメント (7) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

Shadow Ukulele PickUp

Rimg5196s 最近はウクレレ購入時に、ピックアップ付きのものをお買い求めになるお客様も増えているように思います。

ピックアップも色んな種類が増えてきて、選択肢が色々あって悩みますね。(^^)

続きを読む "Shadow Ukulele PickUp"

| コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

テナーサイズのウクレレキットみっけ!

T'sのWeb-Storeではここのところウクレレ作りのパーツをお買い求めの方が急増しています。楽器作りもひとつの趣味として定着しつつありますね。

さて、そんなサンデーウクレレビルダーの方々に朗報です!

Tukit5 このウクレレキットはHOSCOさんが提供しているもので、なんと今まで余り無かったテナーサイズ

マホガニー単板ボディ、マホガニーネック、ローズウッド指板という贅沢な構成。

ネックや指板などの加工が大変な部分はあらかじめ加工済みなので、工作機械を持っていない方でも出来そうですよね。

ボディをコツコツ作り上げていくのは決して「簡単」とは言えないと思いますが、仕上がったときの音色を想像しながら少しずつ少しずつ形が出来上がっていくのはとっても有意義な時間で、楽しみながら工程を進められるんじゃないでしょうか。(^^)

「hosco テナー ウクレレキット」で検索すると色んな通販サイトが出てきますよ!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

黒澤楽器 新大久保店さんがリニューアルオープン!!

「マーチンギター買うなら絶対ここ!」っていう、豊富なアコースティックギターの品揃えで有名な黒澤楽器本店(新大久保店)さんが2月1日にリニューアルオープンしました!

「ウクレレ買うならこの人に相談しなくちゃ!」の、頼りになるお兄さん、松田さんもこの新大久保店でたくさんウクレレ揃えて待っててくれます。

Image43400 2月の新大久保店さんでは、ティーズのソプラノ、コンサート、ミニテナー、テナー、それから大好評のエレクトリックウクレレECまで、豊富に揃えて試奏大歓迎で「ティーズウクレレフェア」を開催中です。

僕も昨日お邪魔してきたばかりなんですが、静かで広い店内でゆっくり楽器を見れるすごくいい雰囲気でした。
この機会に是非ティーズのウクレレを試して下さいね!

お店は新大久保駅を下りて徒歩2分もかからないくらいです。

黒澤楽器本店 
アコースティックギターフロア
03-5386-9630
htn@kurosawagakki.com

〒169-0073
東京都新宿区百人町1-10-8

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »