2006年9月26日 (火)

お待たせしましたー!のバリトンUke

P9221297s去年から度々お問い合わせをいただいていましたバリトンウクレレ。

や~っと、形になってきました。画像は塗装入り直前のバリトン君。右側は、ソプラノじゃなくてコンサートウクレレです。こうやって比べると大きいですねー。

でも、これでもカマカやマーチンのバリトンよりは若干小さめなボディになってるんです!
果たしてどんな音になるのやら。完成が楽しみです。(^^)


コメント

本題と関係ないのですが、素材としてこれ(URL参照ください)はどうでしょう。とりあえず圧縮されて乾いているのは間違いないみたいなのですけれども(笑)。

投稿: りびけん | 2006年9月27日 (水) 00:51

りびさん、こんにちは。(^^)

う~ん、面白そうな素材ですね。でも音は...硬そうかなぁ。どうなんでしょ。塗装工程省略できそうでいいですね。

木材ならではの豊かな響きは、丈夫な部分と柔らかい、部分、もろい部分などが混在して出るような気もしますので、音質は少し面白みに欠けるかもですね。

エレキギターなんかは、アクリルや大理石で作ったりすると案外良い音しますけどね。

ピエゾPUで拾う前提で作れば、ジャキッッと鳴るウクレレが出来そうな気がします。(^^)

投稿: shinn | 2006年9月27日 (水) 10:24

いいな、バリトンUke...
なんでも作っちゃうんですね、shinnさん!

また欲しくなっちゃうよなぁ

投稿: うくれれ・キッド | 2006年9月28日 (木) 22:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お待たせしましたー!のバリトンUke: