2006年8月 7日 (月)

長野県知事選挙

全国の皆さんの注目...がどのくらいあったのかは地元では良く分かりませんが(^_^;)

田中現知事vs.村井仁さんの知事選挙が昨日あり、結果は村井仁さんの勝ちということで終わってしまいましたね。

個人的な感想を言わせていただければ、もうちょっと田中知事にがんばって欲しかったなと思います。

確かに、住民票問題とか、脱ダムの解決方法が今ひとつ明らかになっていないとか、いろんな問題はありました。

でも、僕らから遠いところで政治が行われていた箱物行政の吉村前知事の時代と違い、田中知事の挙動を常に県民が注目するようになり、少しずつ良い方向に進んでいたのではないでしょうか。少なくとも、「みんなで選んだ知事なんだ」という思いはあったと思う。

また、県議会との摩擦などの問題もありましたが、知事ひとりが悪いわけではなく、知事と共に変わって来れなかった旧態依然とした議会、議員にも大きな問題があったのでは無いでしょうか。

今回の選挙で、村井県知事が誕生するわけですが、なんとなく新しい匂いがしない、また昔に戻るんだなぁという気がして不安になるのは僕だけなのだろうか・・・。



コメント

こんばんは。
私もそう思う一人です。

知り合いのご家族が職員で、先月の災害の時に知事の指示が降りる前にグループですぐ住民の方が非難している現場に駆けつけたそうです。
知事から「どうでしたか?」と来た時に「これからします」では大変な事になるとか(^_^;)
午後から夜中にかけての出動だった様で、職員やご家族は大変だと思いますが、県民のためで良い事だと思いました。
「田中さんは壊しただけ」とおしゃった方がいましたが、私はそうは思いません。

新知事にお願いしたい事は、今までの良い所を後退させないで欲しい、と言う事です。
早速ガラス張りの知事室には入らないと言っている様です(^_^;)

投稿: Eta(深雪) | 2006年8月 7日 (月) 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長野県知事選挙: