2006年3月18日 (土)

ウクレレ「森嘉彦モデル」

P3170240s昨日の金曜日(3/17)、京都からウクレレ演奏家の森嘉彦さんがティーズの工房に遊びに来てくださいました。

実は、今度T’s Ukuleleで新しく「森 嘉彦モデル」を開発、製作することになり、その最終打ち合わせにお見えになったのです。

およそ4時間ほども色んな細かな部分の仕様について話し合いを重ね、直接プロミュージシャンの意見を伺うことが出来て、とっても有意義な時間でした。P3180005s

試作品はすでに先週完成して一度森さんの元へ送り、先日の関西のウクレレ交流会でお披露目をされたようです。後は細かな仕様の変更などをして、夏までには販売が開始出来そうですね。楽しみだー。

なんだか今年の夏は忙しくなりそうです。(^^)


コメント

おお!
これもミニテナー?

このタイプ狙ってます
(意味深 ^^;;;)

投稿: たむす | 2006年3月19日 (日) 01:02

1年前からSD-OAKを所有しております。
新作ウクレレ「森嘉彦モデル」とても興味深く拝見しました。
15フレットジョイントですね。
かなりネックが長そうに思うのですがテナーサイズですか。コンサートより長いとちと厳しいのですが、弦長は何センチくらいありますか。

投稿: はしもと | 2006年3月19日 (日) 01:17

たむすさん、はしもとさん、こんばんは。(^^)

森モデルも、「MT」(miniテナー)と同じ弦長です。コンサートとテナーの中間ですね。
実はこれ、サニーDのコンサートとほとんど同じ弦長です。
サニーDはマーチンよりもスケールが少し長めなんですね。
ですから、森さん的にはこれは「コンサートだねぇ」とおっしゃっていましたよ。(^^)

そう言えば、PANミュージックさんに展示していただいているMT-200も、
非常に好評をいただいているそうです。うれしいなぁ♪

投稿: shinn | 2006年3月19日 (日) 01:28

このたびMT-200ユーザーになることができました!素晴らしきminiテナー!まさにジャストフィット、予想以上の弾きやすさで驚きです。ありがとうございました。
MTシリーズもっともっと増やしてほしいです。ピックアップ付モデルとかあると嬉しいな、と。
今後ともT's Ukeに期待しています。

投稿: オカヨシ | 2006年3月21日 (火) 19:50

オカヨシさん、こんにちは。(^^)

MT-200を選んでいただいて、ありがとうございます!
作っている本人が言うのもナンですが、高橋イチオシの1台です。
すでに何台か、材料違いでショップオーダーも入ってきていますので、
別バージョンのMTも楽しみにしていて下さい。

現在、PANミュージックさんにも在庫が無い状態で、試奏ご希望の方には
ご迷惑をおかけしていますが、この日曜日(26日)にはマホガニーとコアの
MTをお届けできる予定ですよ!

投稿: shinn | 2006年3月23日 (木) 18:44

はじめまして。京都の森さんとこの生徒です。
森氏「これがこうなるねんで。こうしたらハイポジションも・・・」
私「うわー!そんなん、夢のウクレレですやん!」
こんなこといいな、できたらいいな♪
ハイポジションでいろいろやってる私には
もうそれはそれは「もみ手」ものです。
高橋さん、どうぞよろしくお願いいたします!

投稿: わく | 2006年5月21日 (日) 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウクレレ「森嘉彦モデル」: