2005年10月12日 (水)

ほぼ日刊イトイ新聞

ご存知ですか? ほぼ日刊イトイ新聞.あの糸井重里さんの主催するサイトです。

久しぶりに何気なく覗いてみたら、気になる話題がありました。

「いい会社って何だろう?」

という話題です。

 

そう言われてみるとなかなか明確な答えが出しにくい質問です。でもみんなのすごく身近な問題。気になりますよね。

「自分の会社は果たして『いい会社』なのだろうか。」

「いい男」「いい女」なんてのは、何となく「こんな感じ」ってのがありそうですね。でも好みもあるかな?イケメンとは違うんだろうな。いや、同じと言う人もあるかな?

「いいお店」なんてのも、業種によるけれども大体想像がつきそうです。良いものが適正な価格で楽しめるお店でしょうか。雰囲気やサービスも重要でしょうね。100円ショップに対して「あの店はいい店だねー」という言い方はあまりしないように思います。単純に「満足感」といっても種類がありますね。「いい店知ってるんだ」って言う時は、人に自慢できる店ですよね。でも、「安くてお腹いっぱいになる店」も対象ですね。 

「いい天気」?お仕事や状況によっても違うのでしょうね。必ずしも晴れの日が「いい天気」とは限らない。干ばつ時の農家の方にとって快晴は恨めしいものでしょう。冬のスキー場関係者にとっては吹雪の日が「いい天気」なのかもしれません。

「いい国?」どんな国でしょうか。安心して暮らせる国?戦争しない国?それとも世界の頂点に立つ国?素朴な国?平和な国なのかな。

「いい会社」

さて、どんな会社でしょう?

自分も会社を経営している身なので、気になります。僕にとってのいい会社。社員にとってのいい会社。お客様にとってのいい会社。地元の人にとってのいい会社。

日刊イトイ新聞ではどんな答えが出るのでしょうか。

ps:余談ではありますが、「今日のコドモ」とか「言いまつがい」のコーナー、結構笑えます。ご覧あれ (^^;


コメント

私も日々、「いい会社」について考えています。
毎日「いい会社」探しをしているようなところもあり、そのような会社を見習いたい、手本にしたいという気持ちでいます。

クオリティーに自信がもてることは最低条件で、しかもお客様のニーズ、時代のニーズに敏感でありたい。

そしてサービス。
商品を基本に付加価値も合わせて、提供するすべての総称がサービスだと思います。
社員全員が質の高いサービスを提供したいと願い、お客様に満足していただきたいと願っている会社は「いい会社」だと思います。

んー、日々考えていることなので、真剣に書いてしまいましたよぉ。


投稿: グリペール | 2005年10月14日 (金) 17:26

コメントありがとう。(^^)

僕も常々、「すべての企業はサービス業である」というように思っています。
お客様に良いサービスをしてハッピーになって頂く。、その喜んでもらったことによって自分も充実感や満足感、達成感を得る。同時に会社に利益ももたらす。という好循環は最低限必要ですね。
「ここんとこ、こうやっといたら喜んでもらえるかなぁ。」などと、お客様の顔を思い浮かべながら仕事が出来るのは幸せだと思います。

以前読んだある本には「良い企業とは利益を出せる企業だ」と書いてありました。
どんなに質の良いサービスを提供しても、赤字で潰れてしまっては回りに迷惑をかけるだけです。常に安定して良い経営を続け、未来に向けて発展していく可能性がある、ということも必要かもしれません。(発展イコール規模が大きくなるという意味、ではないつもりです。)

「いい会社」という論点からは少し外れるかもしれませんが、技術屋の端くれである僕としては、SONYの井深さんが書いた設立趣意書にある、
「真面目なる技術者の技能を最高度に発揮せしむべき自由闊達にして愉快なる理想工場の建設」
という言葉は深く心に残っています。

投稿: しんじ | 2005年10月15日 (土) 00:37

うん、うんと、ひとつひとつ頷きながら読みました!
(長すぎたかな、と気が引けていたコメントに、もっと長く答えていただき、喜んでマス。)

投稿: グリペール | 2005年10月15日 (土) 01:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ほぼ日刊イトイ新聞: