2005年6月15日 (水)

Hilo Strings

Pegasus Guitars & Ukuleles

ハワイに住む友人の紹介で、ハワイ島の"Pegasus Guitars &Ukuleles"とお付き合いさせていただくことになりました。

とりあえずは評判の高い「Hilo弦」が入荷しました。(バラ弦のみで、パッケージではありません。)

ウクレレのナイロン弦はいろんなメーカーから発売されていますが、もとを辿ればほとんどの黒弦はアメリカのデュポン社が作っているTynexという素材だそうです。

で、いろんなメーカーの弦を使っていると、弦の太さが均等でないものが混ざっていることがよくあります。なんとなく最近それが増えているような気がして気になり、良い黒弦を探していました。

ペガサスのBobさんはHilo Stringsのオーナーでもあるのですが、彼の言うには素材であるTynexを再度研磨して、均一な太さになるように加工しているのはHilo Stringsだけだそうです。使ってみると確かにかなり良い感じです。しばらくはT'sのウクレレにテストしてみようと思っています。

しかし、このサイトのトップページの画像...。画像の名前を見る限りはこれがBobさんらしいのですが。すごいバイク乗ってるなぁ。(^^) これでハワイ島のボルケーノの周りを走り回ってるんでしょうねぇ。気持ち良さそうだー。


コメント

shinnさん、こんにちは。
帯状疱疹の具合はいかがですか?
あちこち体が痛いと思いますがご自愛ください

ずっとSD-OAKにはGHSできておりますが、
他の弦で相性の良い物があれば試してみ
たいとちょこちょこですが違う弦も張ってみて
るのですが、音色が特殊なのか、これ!と
いう弦がなかなかあたりません。

HIROの黒弦も時間の余裕ができたら試してみたいです

投稿: すずめ | 2005年6月16日 (木) 11:07

shinnさん、ペガサスのBobさんもお友達なんですね。
T'sのウクレレも日本の名品です。
世界中から注目されるブランドに育ててくださいね。
来年あたりはKawikaやペガサスでT'sの製品売ってたりしませんか?
がんばってください。

投稿: ゆたか | 2005年6月16日 (木) 12:59

僕のウクレレSM-CSTには「Hilo Strings Standard High Tension」というのを張ってあります。
GHS黒だと、僕にはやわらかすぎる感じがするんですよね。
弦選びは難しいけど楽しいですよね。

投稿: うくれれ・キッド | 2005年6月16日 (木) 19:11

すずめさん、ご心配ありがとうございます。もうだいぶ良くなりましたが、今週末も遊びには行けないみたいです。

ゆたかさん、
そんな褒められ方をしたらなんだかドキドキしてしまいます。ハワイでも認められるようがんばります!

投稿: shinn | 2005年6月17日 (金) 16:22

うくれれキッドさん、先日はお世話になりました。

GHS黒よりテンションがきついのですね。
むしろテンションきつめの方が好みかもしれ
ないと最近思ってますので益々興味がわき
ました。

多分大丈夫でしょうけど、私の友達でカマカに
フロロカーボンを張ってブリッジが飛んだ方が
いらっしゃいますのでいきなりきつい弦を
張るときは気をつけた方がいいのでしょうね。

投稿: すずめ | 2005年6月19日 (日) 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115535/4571197

この記事へのトラックバック一覧です: Hilo Strings:

» デュポン [アメリカの企業]
デュポンデュポン(Du Pont)は、世界最大の化学会社である。米国法人である E. I. du Pont de Nemours and Company はデラウェア州、日本法人であるデュポン株式会社は東京都に所在。創業は1802年。資本金は7,935,000,000ドル。創業者はフランス出身のエル...... [続きを読む]

受信: 2005年8月14日 (日) 23:57